メッセージ | 安城市のバレエ教室 安城バレエ | anjoballet.com

メッセージ

代表 藤野 奈緒子 Naoko Grace Fujino

はじめまして、安城バレエ代表 藤野 奈緒子 です。

子どもさんから大人、シニア世代まで幅広くクラシックバレエを通し笑顔と健康をお伝えしています。アスリートから一般の方まで、正しい知識に裏付けされた安全で心地良い姿勢のあり方を分かりやすくお伝えし、心と体の健康を維持向上に努めております。

 

 

 

現代の子どもたちの運動指導について

近年、子どもたちの運動のやり過ぎによって体に故障を起こすいわゆる『スポーツ障害』と、運動不足・食べ過ぎによる肥満など生活習慣の乱れから来る動かないことからくる弊害の2極化が問題になっています。

実際、平成28年度頃より全国的に子どもたちに対し学校保健における運動器検診が行われるようになっていますが、私のところにも子どもたちの動きや体の使い方に違和感を感じ「姿勢が悪いのですが」「なんだかうちの子、動きがおかしいのですが?」と心配して相談に訪れる保護者は後を絶ちません。

その一方で、健康な体を作り、パフォーマンス向上を目的に、早期から子供に運動を習わせることで、スポーツ障害を起こす子どもたちが増えています。

衣食住、生活のリズム、働き方改革にはじまる多様な生き方ができる現代、昔とは大きく環境が変わりました。子どもたちの体も、その環境の変化に柔軟に対応した結果、我々親の世代では「あたりまえ」であった指導法が全く通じないへんてこな現象がよく見られるようになりました。口呼吸、アトピー、風邪を引きやすい、頭が働かずいつもボーっとしている、病弱、猫背、真っすぐ立っていられない、スキップができない、すぐ転ぶ、怪我をする、など。これらは、昔の移動手段は徒歩、日が暮れたら眠る…といった不便な暮らしから、歩かなくても動かなくても何でも手に入る今の便利な便利を手に入れた結果とも言われています。

本来幼少期のうちに身につけておくべき生活の土台が儚く、もろく壊れやすいどもたちの身体と心、そこから引き起こされる運動不足とスポーツ障害は厚生労働省でも大きく取り上げている問題です。

成長期の子供たちの体への配慮には最新のスポーツ医科学の知識の更新を、 コーチングには脳科学の心理学的アプローチを裏付けに、 ヒトとして自然に備えている能力を引き出し、心と体の調和を目指す当スタジオは開設以来16年余、怪我及びスポーツ障害(ダンサー病ともいわれる外反母趾、腰痛なども)に悩む生徒を一人も出しておりません。

海外ではクラシックバレエダンサーとして専門的に練習を始めるのはおおむね12歳以上とされ、それ以下の年齢には同じ種目競技の過度な反復練習、負荷強度の高い練習は推奨されていません。当スタジオに於いては一生の宝物となるよい姿勢、きれいなしぐさの習得に重きを置いておりますので、障害を防ぎ、先の人生が楽しく美しく在らんため先を見据え子どもたちの体に負荷がかかりすぎないような範囲で指導を行っており、発表会に向けた練習も緩やに設定しております。

お母様のお仕事、日常生活、子どもたちの学業、習い事などと安心して両立できることを願い、家族ぐるみの心と身体を健康を目指しております。

お会いできることを楽しみにしております。

有限会社プティオ 健康教育事業部長 
安城バレエ代表   藤野 奈緒子 
 

安城市 スポーツ推進審議員委員 
特定非営利活動法人日本ストレッチング協会 講師/認定ストレッチングマスター
一般財団法人日本コアコンディショニング協会 認定A級講師/マスタートレーナー
米国NLP™協会認定NLPトレーナー
一般財団法人コミュニケーショントレーナー協会 認定コミュニケーショントレーナー
NPO法人 全国ラジオ体操連盟 認定2級ラジオ体操指導士
JAPAN MENSA会員

 

 

著書/監修本

~お母さん、今の自分にOKだしていますか?~
 心と体の姿勢リセットでもっと笑顔に会える本
藤野奈緒子(著) ギャラクシーブックス刊 2019/2/25
オンデマンド (ペーパーバック): 158ページ

お求めはAmazonよりどうぞ

 

 


~さよなら冷え、むくみ!~
  輪ゴムdeながら美脚術
岩田 茂裕 (著), 藤野 奈緒子 (監修) 幻冬舎 (2019/7/16)
単行本(ソフトカバー): 125ページ


お求めは、Amazonよりどうぞ